国内産

しじみとアドノシン

しじみは現代ではエキスとして活用している方が多い食べ物となっています。
理由として直接しじみを摂って、成分を一日の理想量に届かせるためにはなんと約300個分を摂取する必要があると言えます。
しかしエキスにする事で、300個のしじみを食べなくても一日の理想的な量まで届かせることが可能です。

エキスはカプセル状にしてあるものやしじみエキスを配合したサプリメントやドリンクなどが販売されているので、摂りやすい方法で対応してきましょう。
そしてしじみをエキスで摂取することで摂れる成分の中に、アドノシンという成分があります。
アドノシンは胆汁の分泌を高める効果があるのですが、この効果を体内に取り入れることで、黄疸を防止する事が可能です。

黄疸は胆管が詰まってしまう状態を作ることで、胆汁が血液中に流れ出てしまうことで起こる症状です。
そのため、黄疸を起こしてしまったら、血液を綺麗にして胆管の中を綺麗にしないといけないので、治療も本格的な対応で行われます。
また、黄疸を起こさないようにするためには、胆汁が血液中に流れ出ないようにしなければいけないので、アドノシンは重要な役割を果たしてくれるのです。

黄疸の症状は目に出てくるのですが、そこまでひどい段階でない場合は血液検査で行うGPTやGOTの数値が高くなります。
特にアルコールを毎日飲む方や大量に飲む方は急性肝不全など、肝臓に負担をかけてしまったために起こる症状がありますので、黄疸を起こしやすい環境と言えます。
アルコールを飲む習慣がある方は、肝臓のケアをしてくれるしじみを摂取して、その中でもアドノシンをしっかり体内に取り入れていきましょう。

また、忘年会や新年会などのお酒の席に座ると、とにかくお酒を飲むという方も注意が必要なので、お酒を飲む前にしじみのエキスを摂取していきましょう。
肝臓のケアは毎日の生活の中で対応していくことが重要なので、しじみを負担なく取れる環境を活用して対応して行くことをお勧めします。
また、手軽に摂取しやすいしじみのサプリメントについても参考にご覧ください。