国内産

しじみの産卵期について

ヤマトシジミは日本で一番多くしめている種類で、産卵期という時期摂れた物はさらに栄養素が高く食べ応えがある感覚を体験できます。
産卵期は6月から7月になっており、この時期はヤマトシジミの身が肥えているので、食べ応えがある感覚を提供してくれるのです。
そのため、直にヤマトシジミの味を楽しみたい方はバター炒めや酒蒸しという形で食べると体験する事が出来るようになります。

通常のしじみでも美味しく食べることが出来ますが、身がぷりぷりとなっている状態はさらに楽しむことが出来ます。
また、産卵期は栄養を体に蓄えている時期でもあるので、通常のしじみよりさらに高い状態で摂取する事が出来るようになっているのです。
そして、しじみの身が食べ応えのある状態になっているので、さらに楽しんで食べることが出来るでしょう。

しじみに、中粒や大粒という状態があるのは、栄養分を身に蓄えている状態かそうでない状態かで大きく分かれます。
産卵期はいつより多くのしじみを食べるとさらに、栄養価が高い状態で摂取する事が出来るのです。
直接とりに行くのではなく、お店で購入する方は、実際に実物を見て大粒になっている物を選ぶと食べ応えのあるものを選ぶことが出来ます。

しじみを購入する時に大きさを気にしている方は少ないと思いますが、6月から7月に購入する時に大きさを気にして購入すると身が引き締まったものに出会えます。
しじみが肥えていると、栄養素が沢山あるというのもあるのですが、歯ごたえのある貝のぷりぷりした食感を体験する事が出来ます。
特に味噌汁という感覚ではなく、味を直に体験できる炒め物や蒸し物といった形で料理する人は、出来るだけ身がひきしまった状態のものを使いましょう。

時期を選んで、しじみを購入することで、さらに素材の可能性を引き出す事が出来ます。
産卵期はしじみも栄養を沢山含んでいるので、通常よりも更に効率的に摂取する事が出来るので、お勧めです。