国内産

しじみを調理する時の注意点

しじみの料理は味噌汁や酒蒸しやバター炒め等、沢山の料理方法があるのですが、注意点をおさえて料理しないと美味しく出来ません。
そこでしじみを料理する時の重要なポイントについて紹介しますので、参考にして頂けますと幸いです。
しじみを両氏する時に重要なポイントでる注意点は、2通りあります。

まず、砂抜きなのですが、何回も水洗いをして砂を根こそぎとっていく対応が必要です。
対応内容としては以下になります。

・しじみをタライにいれて、水を入れ替えながら3回水洗いを行います。
・洗い終わったら、しっかりと水をきってタライの中に残っている砂がないようにします。
・最後に真水を入れて、砂が出ていないか確認します。
ここで注意点として、真水を入れた際に砂をまだ飲み込んだ状態であった場合は砂を吐き出します。
もし、砂が見られた場合は、水洗いをして砂が出ないようにする必要があるのです。

これで砂抜きの作業は終了になります。
必ず砂が残らないように対応していく事が必要です。

最後にしじみを長く煮込む事です。
しじみは長く煮込むとエキスが出てくるので、美味しいエキスを味わう事が出来ます。
1時間くらい煮込むと、満足いくくらいのエキスが出るので、味わう事が出来るようになっています。

味噌汁や酒蒸しやバター炒めにしても長時間しじみを湯で出ダシをとったり、炒めることでうまみを引き出すことが出来ます。
ただし、湯で出ダシを摂る場合は弱火で対応する事がポイントです。
中火や強火だとしじみの身が貝から離れてしまうので、上手くエキスがとれなくなります。

しじみを料理する時は、ポイントをしっかり押さえて対応することで美味しく摂取する事が出来ます。
特に砂抜きは食べている時に不快感を感じるので、しっかりと対応しましょう。
また長時間しじみを煮込むことで、エキスが出てくるのですが、そのエキスには健康成分が沢山含まれています
つまり、健康成分を沢山含ませた料理を対応する事が出来ます。