国内産

冷蔵保存方法と賞味期限

1日の理想的な量を摂取するにはしじみを約300個食べる必要があると研究の結果わかっています。
つまり、毎日沢山のしじみを摂取する必要があるのですが、そうなると保存も大変です。
そこで、保存方法を工夫しないと沢山のしじみを保存する対応は難しくなります。

しじみの長期保存方法として注目されているのは、冷凍保存という方法です。
冷凍保存をすると、しじみが冬眠している形になるので、品質を落とすことなく腐らない状態を作ることが出来ます。
冷凍保存をする際は冷凍用袋に入れて対応することが重要で、そのままタッパーなどに入れて対応しないことがポイントです。

冷凍保存すると約1~2ヵ月保存することが出来るので、毎日沢山のしじみを摂取することが出来ます。
そして冷凍保存する時のポイントして、必ず砂抜きと水切りをしておく対応があるのです。
砂抜きを完了さておくことで、そのまま使用することが出来ますし、しっかり水抜きをしておくことで、中身が凍るということもなくなるので解凍する必要がなくなります。

冷凍保存する時に保存方法に気をつけながら対応することで、賞味期限をのばすことができますし、品質を落とすことなく保存出来るのです。
冷凍保存したしじみを使用する際は袋から使用する分だけ取り出して対応すると、余計な手間をかける事無く毎日快適に使用できます。
この時に水をしっかりきって保存した効果を実感する事が出来るのです。

しじみは魅力的な栄養分を沢山含んでいますが、食材から直接摂るとなると、沢山の量を摂取する必要があります。
しかし、毎日使う分だけのしじみを購入するとなると大変な対応になりますので、冷凍保存で賞味期限をのばして、購入する手間を省きましょう。
最近ではしじみだけに限らずフリーズ保存という冷蔵庫も登場しており、肉や魚など賞味期限に拘ることなく対応できる方法が注目されています。
美味しい有名なしじみを通販などで大量に購入して冷凍保存して、毎日美味しく食べれる環境を作っていきましょう。