国内産

国内産のしじみ

しじみは手軽に入る食材で、スーパーに行くと安い価格で販売されています。
そんなしじみを美味しく食べるために注目されている内容として、国内産のしじみを購入するという事にあります。
国内産は国内の細かい検査で対応されるので、安心して食べることが出来る環境と言えるでしょう。

そんな国内で採る事出来るしじみを紹介していきます。
まずはヤマトシジミになります。
こちらは日本で採れるしじみのほとんどをさす種類です。
一般的に採れている物はヤマトシジミに該当します。
代表的な採れる場所としては島根県宍道湖や北海道天塩町や青森県十三湖や青森県小川原湖や茨城県涸沼となっています。
特徴として外貝が黒色という事が挙げられます。
ちなみに稚貝の時は外貝が茶褐色です。

次にマシジミになります。
こちらは全国の淡水で昔は見られたのですが、今はほとんど見ることがないしじみです。
そのため、店頭に並んでいる事がほとんどない種類になります。
また、稚貝の時は外貝が黄褐色で成長するにつれて黒、緑に変化していきます。

最後にセタシジミになります。
こちらは琵琶湖でしか取れない固定貝になります。
特徴として、稚貝の時は淡黄色で成長するにつれて、黄褐色から黒褐色に変化する形です。

以上が国内で採る事が出来るしじみの種類で、国内の細かい検査を受けて出荷されます。
安全性をより追求した形で摂取する事が出来るので、子供にも食べさせられるしじみです。
国内で採れるということで、実際に採りに行く方も多いと思いますが、その場合はしっかり砂抜きなどをして安全性を確認して対応する事をお勧めします。

さらに国内産のしじみを使用した佃煮や味噌汁などがネット上で販売されているので、加工してある物を選ぶ時も国内産に注目すると美味しく食べれます。
より安全性を重視している方は国内産のしじみに重点を置いて選んでいきましょう。
また、国内産に拘る事で、品質の高さも期待できる環境を作る事が出来ます。